顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?

平成27年(2015年)4月29日(水)
「CRM通信」Vol.591(479日目)

 

希少性・限定性を利用していますか
-------------------------------------------------
今日『昭和の日』。
昭和天皇のお誕生日でしたね。
戦後70年になりますが、激動の昭和史
を語るとき、昭和天皇の存在は忘れてはいけませんね。

 

 

さて、今回のCRM通信は、
希少性・限定性を利用していますか」です。

 

 

あなたの仕事でも集客は大事ですよね。

 

全く関連性のないところから
見込み客を作り、その見込み客に
対して商品やサービスを購入または
利用していただく。

 

そこで初めて顧客でありクライアント
となるのですが、どんな場面でも
必要なことがこれです。

 

「行動してもらう」

 

ということです。

 

 

なぜ行動してもらわないといけないか
といいますと、相手に動いてもらわなければ、
収益が上がることがないからですね。

 

収益が上がらなければ、商品の仕入れ
もできないし、スタッフに給料も払えません。

 

何より会社を存続させたり、生活する
ためにも相手に行動を起こしてもらい
お金を使ってもらわないといけませんね。

 

 

でも、相手にとってメリットがなけれ
ばお金は使わないし、そもそも見込客
にしてくれとは、口が裂けても言いません。

 

そうなると、あなたの方から
何かを仕掛けないといけない訳ですが
その時のひとつのアクションとして、
「希少性・限定性」を使うという
手があります。

 

何か数を限られるとか、期限を切られ
ると、人って、手にしないといけない
といった風な気持ちに動かされます。

 

 

他の人が手にしていないものを、
自分は持っているという優越感。

 

自分だけが先に手に入れたという満足感。

 

例えそれが、今一番必要でないもの
だったとしても、いずれ必要になる
から、と自分を納得させます。

 

 

そういった心理込みで、「希少性・限定性」を使ってみると、
相手は行動しやすくなります。

 

またこれはどんな業種であっても
使えるテクニックでもありますので、
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

でも、そんなテクニックのこと、
何となくイメージできるけど、
じゃあ具体的にどうしたらいいの?

 

とお考えでしたら、今予約受付中の
GW特別企画の中にある
「頭の整理@(アッと!)コンサル」
を予約してみてはいかがですか?

 

きっと「希少性・限定性」の取り扱い
方がたった90分で理解できて、その日
からでも使ってみたくなるはずです!

 

ご予約は今すぐこちらから!
 ↓
予約・そのほかを見る

 

では本日はここまでです。
良い祝日をお楽しみくださいね。^^

 

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.591】希少性・限定性を利用していますか?関連ページ

【Vol.592】「集人」と「集客」
【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?
【Vol.589】本は自己投資のために手にするもの<
【Vol.588】何も考えていないメルマガの見た目
【Vol.587】よくあるメルマガの失敗
【Vol.586】イベントがしやすい時期とタイミング
【Vol.585】情報のアンテナを張る
【Vol.584】お客が減る理由
【Vol.583】GWはリピート集客のチャンス
【Vol.582】コストをかけずに売上をアップする方法
【Vol.581】何かを選ぶということは何かを捨てるということ
【Vol.580】値引きは打ち上げ花火
【Vol.579】ピザのチラシとゴミ箱と既存客
【Vol.578】他にはない新サービス、スタートします!
【Vol.577】セミナーを2つご案内します
【Vol.576】お客を減らさないことを考える
【Vol.575】新規集客のためのリピート集客
【Vol.574 】リピート集客の本質
【Vol.573】メールは必須科目
【Vol.572】レモンジーナに見える戦略?
【Vol.571】ローソンの社長のこの説明が全てを物語っています
【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート
【Vol.569】読まれない文章はここが弱い
【Vol.568】新規集め不要のリピート集客とは
【Vol.567】メルマガに何を書いていいか分からない方へ
【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!
【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様
【Vol.564】情報の切れ目が縁の切れ目
【Vol.563】2015年度は既存顧客に目を向けよう!

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら