顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!

平成27年(2015)4月4日(土)
「CRM通信」Vol.566(454日目)

 

■バナナでリピート?そんなバナナ!
-------------------------------------------------
お元気様です!

 

【編集前記】

 

今日と明日は今年度の方向性を
自宅に引きこもってガッツリと
考えたいと思います。

 

自分が本当に伝えたいこととは何か
自分のこの経験やスキルは、誰に
役立つのか?

 

そして伝えるべき手段は何なのか?

 

ここをしっかりと落とし込んで
週明けからの活動と実践に
移していこうと思っています。

 

     ★

 

さて、今日のCRM通信は、
「バナナでリピート?そんなバナナ!」
について書いていきます。

 

でも、
ふざけた件名だと思ったでしょ。
でもいたって真面目な話を書いて
いきますよ。

 

 

まず、ある飲食店でランチでも
ディナーでもいいのですが、

 

満員でしばらく入れなかったり
数量限定でせっかく並んでもらった
のに売り切れになってしまったと
します。

 

店主としては、全ての人に
お店に入ってほしかったけど
実際にそうはいかずに、せっかく
来てくれた人に悪いな、って
思いました。

 

普通のお見せなら、ここでお詫び
しながらお帰りいただくところですが
それでは、時間を作ってわざわざ
規定だいたことを考えると忍びない。

 

そう思ったときに、あるものを
配ることを思いつきました。

 

完全なら思い付きですが、でも
素晴らしい閃きです。

 

 

そのあるものとは・・・

 

 

「「「 バナナ 」」」

 

 

でした。

 

スーパーで買っても一房5〜8本程
は付いているのでしょうか。
10人にお帰りいただくとしたら
2房程用意するだけですし、
金額的には大したことないですね。

 

 

でも、ここで大切なことは
なぜその閃きが生まれたのか?

 

そのままお帰りいただいても
待った人たちは、仕方ないと思う
だけだったかもしれません。

 

でもそこに人の気持ちが加わることで
帰ろうとした人へのサプライズが
生まれたことになります。

 

 

そしてそのバナナを受け取った
人たちは、きっとまた、そのお店に
足を運ぶことになるでしょう。

 

それが、
人として本能として持っている
「返報性」が働く瞬間です。

 

 

ちょっとした閃きが、リピートや
ファン作りに役立つことがあります
ので、あなたのその閃きを
大事にしていきましょうね。^^

 

 

では本日はここまでです。

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!関連ページ

【Vol.592】「集人」と「集客」
【Vol.591】希少性・限定性を利用していますか?
【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?
【Vol.589】本は自己投資のために手にするもの<
【Vol.588】何も考えていないメルマガの見た目
【Vol.587】よくあるメルマガの失敗
【Vol.586】イベントがしやすい時期とタイミング
【Vol.585】情報のアンテナを張る
【Vol.584】お客が減る理由
【Vol.583】GWはリピート集客のチャンス
【Vol.582】コストをかけずに売上をアップする方法
【Vol.581】何かを選ぶということは何かを捨てるということ
【Vol.580】値引きは打ち上げ花火
【Vol.579】ピザのチラシとゴミ箱と既存客
【Vol.578】他にはない新サービス、スタートします!
【Vol.577】セミナーを2つご案内します
【Vol.576】お客を減らさないことを考える
【Vol.575】新規集客のためのリピート集客
【Vol.574 】リピート集客の本質
【Vol.573】メールは必須科目
【Vol.572】レモンジーナに見える戦略?
【Vol.571】ローソンの社長のこの説明が全てを物語っています
【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート
【Vol.569】読まれない文章はここが弱い
【Vol.568】新規集め不要のリピート集客とは
【Vol.567】メルマガに何を書いていいか分からない方へ
【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様
【Vol.564】情報の切れ目が縁の切れ目
【Vol.563】2015年度は既存顧客に目を向けよう!

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら