顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート

平成27年(2015年)4月8日(水)先負
「CRM通信」Vol.570(458日目)

 

■どんな仕事でも必要なリピート
-------------------------------------------------
お元気さまです!

 

この寒さで冬物を引っ張り出しました
が、着ると何となく暑苦しく過ぎるの
は、やっぱり4月だなぁと感じます。

 

 

さて、今日のCRM通信は、
「どんな仕事にも必要なリピート」
についてですが、

 

あなたの仕事で、お客様不要
な仕事をしている方は殆どいないと
と思いますがいかがでしょう。

 

 

世の中の仕組みとして、お金が動く
ところには必ず人がいて、その人の
欲求を満足させることで、対価として
お金を払っているはずです。

 

私は総務だからお客様なんて関係ない

 

私は工場の清掃係だからお客様と接す
る機会はない。

 

 

そんな風に考える人もいるかもしれ
ませんが、総務なら電話を取ったり
清掃する人も、来客の時にきれいに
掃除が行き届いていると、その会社の
質の高さに貢献していることになりま
す。

 

 

そして、仮にそうした仕事が些細な
ことだとしても、それがお客様の
記憶の中に刷り込まれると、その会社
に対する印象が良くなり、最終的には
受注などに結びついていくはずです。

 

 

だからこそ、リピートしていただける
ということは、そうしたサービスや
接客なども含めて、お客様に満足して
いただいている事になるので、今後も
お付き合いしよう…ということに
繋がります。

 

 

 

ずっと言い続けていますが、
「新規の獲得コストは既存をサポート
する金額のの5倍とも10倍とも」言わ
れています。

 

コストだけでなく、そのために割く
労力や精神的ストレスを考えると、
既存顧客にリピートして頂くことが
どれほど効率よく効果の高い集客方法
であるかよく分かりますよね。

 

そしてリピート顧客は新規の顧客も
連れて来てくれます。

 

この話は、いずれまたお伝えしたいと
思いますが、まずは既存顧客に対して
フォローしていないようでしたら、
まず既存顧客の掘り起こしから始めて
みませんか?

 

では本日はここまでです。

 

 

【編集後記】

 

最近にわかに探しくなってきた
マイナンバー制度。

 

これって秋ごろまでIT関係は
特需になるのではないかな?

 

と同時に、企業にとっては
余計な支出になるってこと。

 

 

元号変更や消費税3%の時の
システム対応によく似ている・・・

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート関連ページ

【Vol.592】「集人」と「集客」
【Vol.591】希少性・限定性を利用していますか?
【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?
【Vol.589】本は自己投資のために手にするもの<
【Vol.588】何も考えていないメルマガの見た目
【Vol.587】よくあるメルマガの失敗
【Vol.586】イベントがしやすい時期とタイミング
【Vol.585】情報のアンテナを張る
【Vol.584】お客が減る理由
【Vol.583】GWはリピート集客のチャンス
【Vol.582】コストをかけずに売上をアップする方法
【Vol.581】何かを選ぶということは何かを捨てるということ
【Vol.580】値引きは打ち上げ花火
【Vol.579】ピザのチラシとゴミ箱と既存客
【Vol.578】他にはない新サービス、スタートします!
【Vol.577】セミナーを2つご案内します
【Vol.576】お客を減らさないことを考える
【Vol.575】新規集客のためのリピート集客
【Vol.574 】リピート集客の本質
【Vol.573】メールは必須科目
【Vol.572】レモンジーナに見える戦略?
【Vol.571】ローソンの社長のこの説明が全てを物語っています
【Vol.569】読まれない文章はここが弱い
【Vol.568】新規集め不要のリピート集客とは
【Vol.567】メルマガに何を書いていいか分からない方へ
【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!
【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様
【Vol.564】情報の切れ目が縁の切れ目
【Vol.563】2015年度は既存顧客に目を向けよう!

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら