顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.576】お客を減らさないことを考える

平成27年(2015年)4月14日(火)先負
「CRM通信」Vol.576(464日目)

 

■お客を減らさないことを考える
-------------------------------------------------
お元気さまです!

 

さて、今日のCRM通信は、
「お客を減らさないことを考える」です。

 

既存のお客さんに何度も足を運んで
貰って継続して購入していただいたり
食事などをしてもらえるのって、
楽じゃないですか?

 

店先でチラシを配ったり、フリー
ペーパーなどに割引クーポンを
載せて集客するより、コスト面でも
かなりいいのではないでしょうか。

 

 

ただでさえ広告費がかかるのに
そこにさらに割引クーポンを出して
2度目来てもらえればいいのですが
クーポンだけ使って・・・

 

という人も少ないと思います。

 

 

百貨店やスーパーなどでは、こうした
人のことをチェリーピッカーとか
バーゲンハンターとか呼ばれます。

 

そうした人たちは顧客分析では決して
上位には上がってこない人であり、
そんな人にサービスをし続けている
ことになります。

 

 

ではリピートしてもらえているお客に
果たしてどれほどのサービスが提供
できているかを、是非確認してみて
いただきたいと思います。

 

 

初めての人には割引クーポンがある
のに、何度も来てくれている人には
何のサービスもなし。

 

そんなことになっていませんか?

 

 

もし、そうなっているとしたら、
近い将来そのリピーターは足が遠のく
のは間違いないでしょう。

 

無理してでもそのお店に通うよっぽど
の理由があれば別ですが・・・

 

 

一般的には、そんな義理はありません
し、選ぶ権利はお客さんの方にあります。

 

 

そうなると、お客さんには引き続き
あなたのところを選んで貰うために
何かをしなければいけないでしょう。

 

そして何かをすることで、リピーター
さんは引き続き来店するし、基本的な
固定客としてお客の数が減らずに
済むということになります。

 

 

いかがでしょうか。
リピートする理由はまだまだあります
が、その一つとして先ほどのような
ことを工夫し実践するだけでも
リピーターが増え、新規発掘に疲弊
しなくて済むのではないでしょうか。

 

 

と言いましたが、そうは言っても
新規を集めることは大事なことです。

 

 

なぜなら・・・?
このことはまたいずれ機会を見て
お伝えします

 

では本日はここまでです。

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.576】お客を減らさないことを考える関連ページ

【Vol.592】「集人」と「集客」
【Vol.591】希少性・限定性を利用していますか?
【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?
【Vol.589】本は自己投資のために手にするもの<
【Vol.588】何も考えていないメルマガの見た目
【Vol.587】よくあるメルマガの失敗
【Vol.586】イベントがしやすい時期とタイミング
【Vol.585】情報のアンテナを張る
【Vol.584】お客が減る理由
【Vol.583】GWはリピート集客のチャンス
【Vol.582】コストをかけずに売上をアップする方法
【Vol.581】何かを選ぶということは何かを捨てるということ
【Vol.580】値引きは打ち上げ花火
【Vol.579】ピザのチラシとゴミ箱と既存客
【Vol.578】他にはない新サービス、スタートします!
【Vol.577】セミナーを2つご案内します
【Vol.575】新規集客のためのリピート集客
【Vol.574 】リピート集客の本質
【Vol.573】メールは必須科目
【Vol.572】レモンジーナに見える戦略?
【Vol.571】ローソンの社長のこの説明が全てを物語っています
【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート
【Vol.569】読まれない文章はここが弱い
【Vol.568】新規集め不要のリピート集客とは
【Vol.567】メルマガに何を書いていいか分からない方へ
【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!
【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様
【Vol.564】情報の切れ目が縁の切れ目
【Vol.563】2015年度は既存顧客に目を向けよう!

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら