顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様

平成27年(2015)4月3日(金)
「CRM通信」Vol.565(453日目)

 

■いつまでもいると思うなお客様
-------------------------------------------------
お元気様です!

 

いよいよ花散らしの天気模様。
花見もできずに終わりそうな春。

 

今日のCRM通信は、
「いつまでもいると思うなお客様」
について書いていきます。

 

 

もしあなたが、いつも買って
いるお店で、なんとなく顔見知りに
なっていても、声もかけられずお金を
払うときだけ「ありがとうございます」
と言わたとすると…

 

 

あなたは、そんなお店に
いつまでも行きたいと思うの
でしょうか?

 

私なら、すぐにほかの店を探しますし、
その店のことを聞かれたら、おそらく
いい話はできないでしょう。

 

 

よく見かける顔だからといって
いつまでも自分のお店に来てくれると
思っていたら大間違いです。
お客さんは案外ドライですから。

 

気に入らなければ来なくなりますし
いい商品がなくなれば行かなくなる
でしょう。

 

 

でもたったひとつ、
来てもらい続ける方法があります。

 

それはお店のスタッフの笑顔です。
そして明るい声です。

 

誰でも暗い店になんか行きたくなんか
ありません。

 

 

でも間違えてはいけないのは、
暗いと言って、照明や飾りの話では
なくて、そのお店が持っている空気感
のことです。

 

お店の中の空気感は、ディスプレイを
どんなに良くしても、決して明るく
なるものではありません。

 

別ににぎやかにしたほうがいいという
話でもありませんし、人が多ければ
いいという話でもありません。

 

 

スタッフの面々が、足を運んでくれた
お客さんに対して、内面感謝する
気持ちを持っているか?

 

そして「いつもありがとう」と思えば
自然と笑顔になるし、声も明るく
なります。

 

逆に関心がなければ、声もかけないし
無表情のままかもしれません。
(無関心が最悪の接客です)

 

 

そんなお店にいつまでも行くほど
お客さんも優しくはないということ
です。

 

お客さんはいつも来てくれることは
限りませんので、来てもらうためには
それ相応の行動を起こさないといけ
ませんね。

 

 

さて、その行動とは?

 

色々とあると思いますので、
ぜひ、この週末に思い巡らせてみては
いかがでしょう。

 

そしてメモを取って、ひとつひとつ
実行していくと結果が出てくるはず
です。

 

では本日はここまでです。
良い週末を^^

 

 

【編集後記】

 

恒例のひとり花見、まだ大丈夫かな?
風に立つライオンもまだ観にいけるかな?

 

この土日の天気は果たして
どうなんだろう?

 

雨が降ったら映画館、
少しでも天気が良ければ
桜を探しましょうか(^^ゞ

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.565】いつまでもいると思うなお客様関連ページ

【Vol.592】「集人」と「集客」
【Vol.591】希少性・限定性を利用していますか?
【Vol.590】メルマガの文字数はなぜ●●文字なのか?
【Vol.589】本は自己投資のために手にするもの<
【Vol.588】何も考えていないメルマガの見た目
【Vol.587】よくあるメルマガの失敗
【Vol.586】イベントがしやすい時期とタイミング
【Vol.585】情報のアンテナを張る
【Vol.584】お客が減る理由
【Vol.583】GWはリピート集客のチャンス
【Vol.582】コストをかけずに売上をアップする方法
【Vol.581】何かを選ぶということは何かを捨てるということ
【Vol.580】値引きは打ち上げ花火
【Vol.579】ピザのチラシとゴミ箱と既存客
【Vol.578】他にはない新サービス、スタートします!
【Vol.577】セミナーを2つご案内します
【Vol.576】お客を減らさないことを考える
【Vol.575】新規集客のためのリピート集客
【Vol.574 】リピート集客の本質
【Vol.573】メールは必須科目
【Vol.572】レモンジーナに見える戦略?
【Vol.571】ローソンの社長のこの説明が全てを物語っています
【Vol.570】どんな仕事でも必要なリピート
【Vol.569】読まれない文章はここが弱い
【Vol.568】新規集め不要のリピート集客とは
【Vol.567】メルマガに何を書いていいか分からない方へ
【Vol.566】バナナでリピート?そんなバナナ!
【Vol.564】情報の切れ目が縁の切れ目
【Vol.563】2015年度は既存顧客に目を向けよう!

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら