顧客との関係性を高めていくヒント満載の日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.661】誰も検索しない単語で上位表示?

52秒で読め経営と集客のヒントになる
顧客共育マガジン「日刊CRM通信」
平成27年(2015年)7月28日(火)661

 

■誰も検索しない単語で上位表示?

 

【あなたのメディアが持て翌日から
 実践で使えるメルマガ1DAY塾】
 http://cs-z.net/nonki/c/03452.html
-------------------------------------------------
昨日は、SEO対策の話を
少ししましたが、

 

今回はSEO対策のために
あなたができることを
お話しします。

 

この話は業者さん任せではできないし
真剣に集客のためにホームページを
活用したいなら、ぜひ最後まで
目を通して下さいね。

 

 

 

Googleの検索は、簡単にいうと

 

クローラーと呼ばれるネット上を
動き回るプログラムが、

 

常にホームページなどの内容を
チェックして、その結果として
どのサイトを上位に持ってくるかの
順位付けをしています。

 

 

その順位を上げるためにGoogleが
どんなところをチェックしているか?

 

その意図を知ることは大事です。

 

 

でも、ですね・・。

 

Googleの技術者の頭脳は
一般人から見るととんでもない
頭脳を持った集りです。

 

そんな彼らの頭脳を紐解き
「検索エンジン対策をします」と
言ったところで、せいぜい表面的な
ことしか対応できません。

 

 

業者に寄っては、変則キーワードや
誰も調べないキーワードを使って、

 

極端に言えば、あなたの
社名や店名だけを直接検索窓に入れて

 

「1ページ目の上位に来ています。
 だからうちってすごいでしょう!」
「うちに依頼してよかったでしょう」

 

なんてことを相変わらず言っている
業者もいます。

 

依頼している側も「そりゃすごい!」
と感心している経営者もいるようです。

 

 

でも、たとえばですけど、

 

一般消費者が、あなたの会社や
屋号などを直接入れるケースって
どれくらいあると思いますか?

 

せいぜい名刺交換をして後から
調べたり、後日売込みしようかな?

 

と思ったときに、直接社名を
入れてくる位でしょう。

 

 

たまには、検索条件を色々変えて
たまたまひっかかることはあっても
それ以外ではまずないでしょう。

 

 

もし、すでにホームページを持ち
集客をオーガニック検索からのみに
頼っていたとしたら、Googleの変動で
簡単に順位は下がります。

 

場合によっては簡単に
圏外にすっ飛ばされます!

 

 

そうなると、まさにGoogleに依存した
集客モデルになってしまいます。

 

ですから、最近になって言われて
いることのひとつに

 

「コンテンツを充実させよう」

 

と強く言われ始めてます。

 

 

あなたとお付き合いのある
業者さんは、このことをしっかりと
伝えてくれていますでしょうか?

 

もし、そうしたことを伝えてくれて
いる業者さんなら信用して、その
アドバイスを実行するといいですね。

 

 

もし、相変わらず「GoogleのSEO
対策をするために、これだけ費用が
かかります」的なことを言っている
だけの業者さんだとしたら、

 

「本当にそれでいいの?」
「他にやれることはないの?」

 

と尋ねてみてください。

 

 

新しい提案が出てくれば良しとし、
待っても出てこないとしたら、
勉強不足か、もともと集客などの
スキルの無い業者ということに
なります。

 

 

そして、ホームページと同時に
あなた自身がオーナーに
なる「オウンドメディア」の構築を
お考えなら、必ず必要となる仕組み
作りのヒントをコチラに書いてます。
  ↓
http://cs-z.net/nonki/c/03453.html

 

 

 

ではまた明日!
CRM通信でお会いしましょう^^

メルマガ登録はこちらから

都道府県


ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら