顧客との関係性を高めていくヒント満載の日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.657】1年に52回接触できますか?

43秒で読め経営と集客のヒントになる
顧客共育マガジン「日刊CRM通信」
平成27年(2015年)7月22日(水)657

 

■1年に52回接触できますか?

 

【あなたのメディアが持てる
    メルマガ発行1DAY塾】
http://cs-z.net/nonki/c/03441.html
-------------------------------------------------
収益アップのための仕組み作り
コンサルタントあらため
メールメルマガマーケッティング
専門コンサルの松元です。

 

 

昨日メルマガ解除について
お伝えしたのですがおかしいんです。

 

何がおかしいのか?というと、
メルマガの解除がないんです。

 

届いていないのか?
開封していないのか?
それとも・・・???

 

 

さて、

 

先週から「電子レンジ型営業」という
新しいけど古臭い営業スタイルの
提案をさせていただいてますが、

 

あなたに、
営業ノルマとして
「一顧客に一年間に52回会え!」

 

と言われたらできますか?

 

一年間に52回ということは、
ほぼ週に1回ということであり、

 

つまり「毎週1回は会って来い」
と言われていることと同じです。

 

 

新規も見つけなきゃいけないし
既存のお客さんへの納品や提案もある

 

当然、資料も作らないといけないし
伝票も切らないといけない。

 

 

やることばっかりの中で
そんなことを言われてたら、

 

心中では

 

「そんなもん!やってられるか!」

 

と思っているはずです。

 

 

仮に一人で100件の顧客を担当して
いるとしたら、いったい一日に
何軒訪問すればいいんだ!?

 

ということにもなってきます。

 

 

でも、やり方次第では
決して無理なことでもないんです。

 

 

「会う」という定義を、
「接触する」
に置き換えてみましょう。

 

すると会うための選択肢が
一気に増えてきませんか?

 

 

DMでもいいし
はがきや手紙でもいい。

 

電話でもいいですし
FAXでもいい。

 

いろんな手段が考えられますし、
これらを掛け合わせてもいいですね。

 

 

ただ、課題があるとしたら
やっぱり経費。

 

経費をかければできることは
たくさんありますが、

 

できるだけ経費をかけずに・・・

 

となるとその選択範囲は
狭くなってきます。

 

 

さてさて?

 

あなたなら
経費をかけずにできること。

 

一年間に52回接触するための
方法として、どんな手段を選択しますか?

 

ではまた明日!
CRM通信でお会いしましょう^^

 

-(お知らせ)--------------------------------

 

「社長、個人事業主、後継者」という
立場の方に、ご参加を限らせていただ
いている「どうゆう塾」です。

 

★参加費無料(懇親会2000円)

 

詳しくはこちら

 

メルマガ登録はこちらから

都道府県


ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら