顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.604】商品の価値を決めるのは誰?

42秒で読める「日刊CRM通信」

 

平成27年(2015年)5月12日(火)
Vol.604(連続配信継続中は492日)

 

■商品の価値を決めるのは誰?
-------------------------------------------------
今回のCRM通信は、
「商品の価値を決めるのは誰?」

 

の前に「リピート集客で売り上げを
上げる」セミナーを開催します。

 

なぜリピートなのか?
その理由を知りたい方は
是非お申し込みください! ⇒ こちら

 

 

では先に進みますね。

 

実は残念なことなんですが、あなたの
おススメする商品やサービスの価値を
決めるのはあなたではないですね。

 

どんなにこれがいいからとススメても

 

その良し悪しを決めるは、
目の前にいる相手であり、
全ての価値を決めるのは、
お金を出して下さるお客さんです。

 

 

中には価値を認めない人もいますが
お金を払っていない以上、その人は
お客さんではありません。

 

ひょっとしたら買うつもりでいるかも
しれませんが、そんな人はあなたの
回りにうじゃうじゃいるでしょう。

 

でも、あなたが大事にすべき
相手は、あなたが勧めている商品や
サービスの価値を認め、それに対して
お金を払っていただいている人です。

 

 

間違っても、

 

見込みがありそうな人ではなく
買ってくれそうな人でもなく
契約してくれそうな人でもありません

 

あなたの声に耳を傾け、
あなたのことを信用して
その結果購入してくれた人。

 

だからこそ、どんなことがあっても
その人を大事にすることがあなたの
役目だと思いますがいかがでしょう?

 

 

新規のお客さんも必要ですね。
会社からも「新規を取って来い!」と
毎日言われているかもしれません。

 

これって、すごくよく分かります。
私も以前は営業でしたから。

 

でもですね・・・

 

新規のお客さん。つまり、

 

すでにお金払って下さったお客さんを
大事にせずに、新しいお客さんを
大事にすることなんてできっこないと
思いませんか?

 

 

既存のお客さんを大事にするからこそ
新規のお客さんを大事にできるし、

 

その気持ちをきちんと持っていたら
既存も新規も分け隔てなく、接して
いけるはずです。

 

そんなあなただからこそ、
お客さんはあなたを信頼し、
何度でもリピートしてもらえる
可能性があるのではないでしょうか。

 

 

もし、売上が伸び悩んでいるなら、
改めて既存のお客さんに目を向けて
みてはいかがでしょうか。

 

ちょっとだけ時間がかかっても
結局それが近道だったということが
きっとすぐに分かると思いますよ。^^

 

では本日はここまでです。

 

 

 

■メール後記■

 

社長職というのは、結構孤独ですね。

 

個人事業主なら余計ですね。
社長から平社員までひとりでやって
いるようなものですから、やっぱり
同じように孤独だと思います。

 

 

そんな、孤独を背負っているような
社長やオーナーの方へ、近々大事な
お知らせがあります。

 

引き続き、このメールを
チェックしておいてくださいね!^^

 

メルマガ登録はこちらから

都道府県


ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら