顧客への接客品質向上のための日刊メルマガのバックナンバーです。

【Vol.369】 スコットランドの独立、果たしてその結果は?

本日2014年9月19日は、スコットランドの独立の住民投票が済んで、
そろそろ結果が出るころかもしれませんね。

 

(この日のメルマガは配信時間が午前のため結果が出ていない状態で
 配信しました。
 結果は、

 

 

これは世界の経済にも大きな影響を与え、日本も円安に触れて

 

この後の結果次第でさらに影響が大きくなるのか、落ち着くのか

 

結果を見守るしかないようです。

 

 

 

 

そんなスコットランドの「独立」という響き。

 

すごく魅力的な言葉に聞こえますよね。

 

 

独立したら何でもかんでも自由にできる
独立したら、これまで出なかったあれもこれもやってみたい
独立したら収入が全部自分のもの
独立したら時間に拘束されずに平日にゴルフにいける
独立したら家族旅行も平日に行ける

 

 

ただ、実際にはこんなふうに夢を描いた独立も

 

現実の壁にすぐにぶち当たりますね。

 

 

まず、個人にしろ法人にしろ、事業を始めるために
何から手を付けていけばいいんだろうか?という問題。

 

次に事務所を持つにしろ店舗を構えるにしろ
手持ち資金だけでは厳しくて資金調達をどうしよう?という問題。

 

さらに、法人なら法人登記や従業員を雇うなら雇用関係など
どんな手続きをしたらいいかわからないという問題。

 

 

とにかく、独立・創業・起業をバラ色に語るメディアも

 

ありますが、やはり慎重に事を運ぶ必要はありますね。

 

 

 

スコットランドが独立して一国ができたとしても

 

通貨の問題や、資源や企業誘致、国民の生活や福祉など

 

とにかくやるべきことが多くて、現実的な課題の方が

 

格段に多いはずです。

 

 

 

それでも乗り越えた先にあるもの。

 

ひょっとしたら5年で他国もうらやむような素晴らしい国に

 

なっているかもしれません。それは努力の賜物だと思います。

 

 

 

「うん、分かっている。
 会社に残る自分と、独立して夢を現実化したい自分と
 両方あるけど、でも自分の夢は捨てきれないし、
 迷っている時間がもったいない。
 タイミングもあるけど、やるなら今しかない!」

 

そう考えているなら、自分がやりたいことを具体化するために

 

本当なら頭の中を100%占有したいはずです。

 

 

ただ、創業や起業する場合、どうしても役所に届けを出したり

 

事務的な書類作成なども関わってくるので、場合によっては

 

頭の中の50%以上をそちらに回さないといけないかもしれません。

 

 

 

もちろん必要な時間ですが、できるだけ短期間でかたずけられると

 

事業を立ち上げたり考えたりするには大きなメリットになります。

 

 

 

福岡市は創業特区の認定を受けています。

 

創業のためのサポートは、他と比べると恵まれていくかも

 

しれませんが、だからといって手続きなどが簡素化されるわけでは

 

ありません。

 

 

いろいろ教えてはもらえるけど、結局ひとつひとつ、あちこち

 

自分が動いてしなければいけませんので、それなりに大変な作業です。

 

 

 

できれば創業のための全ての相談ができる窓口があれば

 

スムーズに事を運べると思いませんか。

 

 

そして、そんな窓口が福岡で創業する場合にはありますので、

 

一度連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

 

ファーストコンタクトは私松元が承ります!

 

安心してお気軽にご相談ください。

 

窓口:一般社団法人福岡創業支援センター
URL:http://cs-z.net/nonki/c/02396.html

 

 

 

★☆ 読まなくてもいいひとり言 ☆★

 

顧客フォローの仕組みを構築したいとき、
何をどうすれば仕組み化できるか最初は見えないかも
しれないですね。

 

そんなときは、サービスの基準を何かひとつ決めると
全体が見えるようになると思いますよ。

 

私のコンサルでは、この「何かひとつ」に「メルマガ」を置いてスタートさせています。

 

そしてスタートした結果、「メルマガ」が最良な場合もあるし
「システム導入」という場合もあります。

 

それは結果ですが、会社を長続きさせていくためには
顧客育成は欠かせない手段ですので、そのためには
「メルマガ」を活用すると、接触頻度を保てるので
絶対に活用すべし!とういうのが、メルマガ経験9年の
メルマガ屋の結論です。

 

松元茂樹

 

利用しやすい当社の2種類の相談サービス
☆フォロー付の「マンスリーコンサル」今なら¥5400-
☆頭の整理に最適な「スポットコンサル」今なら¥3500-
 ご案内はこちら⇒ http://cs-z.net/nonki/c/02398.html

 

メルマガ登録はこちらから

都道府県

【Vol.369】 スコットランドの独立、果たしてその結果は?関連ページ

【Vol.380】メルマガを営業訪問のネタに使う方法
【Vol.379】 プロみたいな文章、書けなくていいんです
【Vol.378】メルマガ屋が伝えるメルマガを書くときのポイント
【Vol.377】 本物の情報の在り処
【Vol.376】もしfacebookが有料になったら?
【Vol.375】メルマガ発行に関わっている方へ
【Vol.374】まぐまぐ、メルマガ配信遅延の問題点
【Vol.373】「囲い込む」より「ファン」にしよう
【Vol.372】 絞り込まないマーケティング
【Vol.371】 メルマガ屋がなぜメルマガを勧めるのか
【Vol.370】 消費購買力はあがらない。どうしますか
【Vol.368】 フォローしないと忘れられる
【Vol.367】高頻度で情報発信するひとつの理由
【Vol.366】お客様が困っている。その時あなたはどうしますか?
【Vol.365】 言論の自由と言論の責任
【Vol.364】なぜお客様の声をメルマガに載せるのか?
【Vol.363】 【実録】ネタはあるのに文章が書けない…
【Vol.362】顧客の購買心理の7段階と次の2段階
【Vol.361】メルマガやブログが読まれない根本の理由
【Vol.360】「ロングテール」の認識を確認します
【Vol.359】営業活動と営業的な活動
【Vol.358】「カスタマー・リレーションシップ・マネジメント」はどうなの?
【Vol.357】小さなマーケッティングのすすめ
【Vol.356】八代亜紀さんに教えられた顧客満足
【Vol.355】「脳内検索」の順位を上げるために
【Vol.354】Xmasの準備始めましたか。「売り上げ爆発の日」を作る
【Vol.353】ザイオンス効果と脳内検索の関係
【Vol.352】吉田証言と湾岸署
【Vol.351】9月。創業の悩みを相談する相手はいますか?

ホーム メルマガ導入支援 メルマガ発行1Day塾 メルマガ送信代行 メルマガで使う行動心理 お問合せはこちら